家族葬を行うメリットと、知っておくべき2つの注意点

家族葬を行うメリットと、知っておくべき2つの注意点

家族葬には一般の形式では実現できない様々なメリットがあります。代表的なメリットを挙げるとすれば、まずは費用面でしょう。一般の形式と比較してもその費用は半分以下で済ませることができますので、最大のメリットと言っても良いかもしれません。

その他のメリットを挙げるとすれば、故人と最後の時間をゆっくり時間を気にすることなく過ごせることでしょう。一般の形式では参列者が多く、その対応に追われてしまい、結局あまり故人との時間を過ごすことができず、ただただ足早に葬儀が終了してしまうということもよくある話です。

このように家族葬には一般の形式とは異なり、この他にも多くのメリットが存在しています。近年ではこの家族葬が主になりつつあることをみなさんはご存知でしょうか?しかし、このメリットが多い家族葬であっても、注意する点はいくつかあります。今回はそんな注意点を事前に知ってもらい、万が一、家族葬を行う事態になっても慌てずに家族葬をスムーズに行えるようにしましょう。

故人が亡くなった後にまず初めに行うことがあります。それが、故人が亡くなったことを各人にお伝えしなくてはいけないということです。つまり、訃報を知らせるということです。家族葬の性質上、限られた家族や親戚、親友などの参列のみですので、訃報を知らせると言っても、どこまで知らせるのか?という点には慎重にならなくてはいけません。

次の注意点として挙げるとすれば、参列者の人数です。家族葬は前述した通り、限られた人数で行います。あまりにも人数が多い場合には、家族葬ではなく一般の形式にした方がかえって出費が少なくなるという可能性もあります。どうしても家族葬で行う場合には、葬儀場の手配の都合もあるため人数には注意しなければなりません。例えば、天光社(https://1000kaze.jp/)であれば家族葬に対応したホールを用意しています。

最後の注意点として挙げると、葬儀後の対応です。家族葬の場合は人数が限られている為、参列したくてもできなかったという場合が多々あります。従って、そのような方には、後日、挨拶状を書き、事情を説明する必要があります。また、家族葬が終わった後に自宅に弔問に訪れる場合に備えて、返礼品のストックは準備しておいた方が良いです。

このように家族葬にはメリットも多いですが、参列できない方向けにアフターフォローなどを考えておかなくてはいけません。天光社(https://1000kaze.jp/)は多くの家族葬に対応しています。家族葬をお考えの場合は事前の準備も必要ですので、信頼のおける葬儀社選びが大切です。

INFORMATION

2018年10月12日
ホームページを更新しました